2017年9月18日月曜日

9月18日 福岡SSR勉強会で「社労士が知ってほしい交通事故業務」を学ぶ

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(主に会社側の視点で、労使間の建設的な信頼関係構築を目指し、企業の継続・繁栄のお手伝いをする、ぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理の町医者 吉野正人です。
 
9月18日 福岡SSR勉強会で「社労士が知ってほしい交通事故業務」を学ぶ

9月18日月曜日。一昨日週末土曜日は、私が会長をしている社労士自主勉強会サークル福岡SSRの勉強会でした。福岡SSRの自主勉強会活動も、もうすぐ10年目を迎えます。私自身、長く継続出来て嬉しく思います。

今回は、大学の先輩である行政書士・須釜智先生による「社労士に知ってほしい交通事故業務」でした。須釜先生は、福岡における行政書士の中でも、交通事故関係に強い先生の為、労災手続きを行う社労士として講義をお願いした次第です。

講義内容は、自動車事故の事例をもとに社労士として「どのように対応すべきか?」をわかりやすく講義していただきました。しかも実務に直結した内容で、私自身、非常に勉強になりました。正直、福岡県社会保険労務士会の研修会等でも是非して頂きたいと思います。

なお須釜先生とは、行政書士(しかも社労士受験生)なのに就業規則を公然と作成している某行政書士先生の事案をきっかけに、仲良くなりました。悲しいことに、一部の行政書士さんや税理士さん、コンサルタントさん等が、資格実務経験・専門知識不十分で、社会保険手続き、労働保険年度更新、社会保険算定基礎届や助成金申請、就業規則作成をしている事例が多々あります。

私自身、「餅は餅屋」「士業同志」業務提携で行うのが良いと思っています。まさに須釜先生は、まさに「餅は餅屋」で、交通事故関係事案に関しては、必ず紹介したいと思っています。今後は、須釜先生を含み、他士業の方々との建設的な関係構築もしていきたいと思います。

また、社労士自主勉強会サークル・福岡SSRでは、年3~4回のペース(頻度)で勉強会を行っています。今後将来的には、他士業の先生も含めた勉強会が出来ればと個人的には思っています。


※写真は先週末の夕食で、自家製ピラフ等です。

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士(主に会社側の視点で、労使間の建設的な信頼関係構築を目指し、企業の継続・繁栄のお手伝いをする、ぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。 福岡 久留米 採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人 移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com

ただし労働者側の相談も可能ですが、当事務所は会社側の相談が得意ですので、ご了承願います。 なお労働者の相談は、下記リンクの社会保険労務士をオススメします。