2018年4月15日日曜日

4月15日 今までの採用・求人では通用しない。労働条件の見直しを。

福岡・久留米のぶっちゃけ社労士(主に会社側の視点で、労使間の建設的な信頼関係構築を目指し、企業の継続・繁栄のお手伝いをする、ぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用と労務管理の町医者 吉野正人です。
 
4月15日 今までの採用・求人では通用しない。労働条件の見直しを。

4月15日日曜日。顧問先の採用や求人の相談を続けている中で、最近感じていることがあります。ネット社会の現在、少子高齢化慢性的な人手不足が続いている状況になっています。特に、ここ数年で、人気業種と不人気業種、人気職種と不人気職種の格差が激しくなっています。

私自身、常にハローワークが公表する有効求人・求職状況バランスシートを確認しています。有効求人・求職状況バランスシートを定点観測していると、最近は一般事務員ダントツ人気の状況が続いています。逆に飲食物調理・自動車運転・介護等の不人気さが顕著です。

人気業種と不人気業種の格差は、偶然では無いと私は思います。私自身、労働相談員の経験・社労士としての顧問先等からの相談経験からも、労務管理杜撰な職種・業種が不人気になっているのでは?と実感します。また過去、派遣社員・契約社員・パートタイマー等非正規雇用の多用のツケで、人材育成を怠った点も、現在の人手不足に影響していると思われます。

あとネット社会の現在、ワタミ・すき家、引越社・ヤマト運輸等一部の会社における労働トラブルが、新聞・テレビ等マスコミ記事として大きく掲載され、まとめサイト等で多く掲載された挙句、結果的に業界全体採用・求人に影響しているのでは?と私は思います。

そんな中、求人サイトも多くなり、ネットで賃金・休日・ボーナス等労働条件を簡単に比較・検索しやすくなっているのも事実です。求職者は、選択肢もハローワークだけでなく、複数の求人サイト・求人誌を含めて多面的に比較・検討して求職活動しているのが現状です。

そして求人サイト求人票、会社ホームページの情報だけで判断せず、口コミサイトや2ch等の掲示板情報も参考にしている点もあると思われます。ただ中小企業の場合は、ネット情報が未だ少ないのが現状で、最終的に会社ホームページでの情報で判断している傾向があると私は思っています。

既に不人気業種・不人気職種と判断されている中小企業においては、他社にない「差別化」が必要であると思います。今までは「業界の当り前」で、休日・労働時間・賃金等通用しましたが、業界全体が「不人気」では、業界の「当たり前」では、人が集まらなくなっていると私は思います。

今後は出来る所から、休日・労働時間・賃金等の労働条件改善労務管理改善採用後の教育等同業他社の「当り前」に埋もれない、「強み」を作っていく必要があると思います。他社には無い「強み」を全面に出し、自社ホームページ・求人サイト等で積極的に掲示する事をおススメします。

ただし、募集要項就職後の実態がかけ離れ過ぎると、労働トラブルになりやすく、今後の採用活動・求人に大きく影響する点にはご注意願います。


※写真は、先日の夕食で、納豆スパゲッティ・ニラ玉等です。

以上、福岡・久留米ぶっちゃけ社労士(主に会社側の視点で、労使間の建設的な信頼関係構築を目指し、企業の継続・繁栄のお手伝いをする、ぶっちゃけた相談ができる社労士)こと採用・労務管理・労働トラブル対応の町医者 吉野でした。

※お問い合わせや相談したい時は、いつでも下記へ連絡願います。 福岡 久留米 採用と労務管理、労働トラブル対応の町医者 社会保険労務士 吉野正人 移動オフィス 090-2852-9529 (すぐつながります。)
メールアドレス naitya2000@gmail.com

ただし労働者側の相談も可能ですが、当事務所は会社側の相談が得意ですので、ご了承願います。 なお労働者の相談は、下記リンクの社会保険労務士をオススメします。